ダーククレンズとコンブチャクレンズどっちがいい?

ダーククレンズとコンブチャクレンズどっち

「ダーククレンズ」と「コンブチャクレンズ」はどちらも海外セレブに人気のドリンクです。

 

どっちも「美容と健康にいいセレブが飲んでる新しいドリンク」みたいな感じなので違いがいまいちわからない!という人が多いみたいですね。

そういう私もちゃんと調べるまでよく分かりませんでした。

 

結論から先に言うと…

・ダーククレンズとコンブチャクレンズはそこまで大きく変わらない

・安いのはダーククレンズ

・無難なのはコンブチャクレンズ

 

こんな感じです!

細かくは解説していきますが、結論として安さ重視ならダーククレンズです。

成分として無難なものを選びたいならコンブチャクレンズです。

 

そしてどちらもそこまで劇的に違う訳ではないので、どっちでもいいかなという人にはちょっと安いダーククレンズをおすすめします!

 

ダーククレンズの公式サイトはこちら

DARK CLEANSE(ダーククレンズ)

 

コンブチャクレンズの公式サイトはこちら

KONBUCHA CLEANSE

 

そこまで変わらなくてもしっかり比較してから選びたいという人は、これからダーククレンズとコンブチャクレンズの違いを解説していきますのでそちらを読んでから決めてください!

 

ダーククレンズとコンブチャクレンズはどっちがおすすめ?

ダーククレンズとコンブチャクレンズどっちがおすすめ?

という質問の結論としては、「似てるからどっちでも大丈夫」です。

強いて違いを挙げれば、「安さ重視ならダーククレンズ」「無難な成分重視ならコンブチャクレンズ」です。

 

まずは料金の違いから見ていきましょう。

 

ダーククレンズとコンブチャクレンズの料金の違い

 

ダーククレンズの料金ですが、定価は1本8,100円(税込)です。

これだけ見ると高いと感じる人も多いかもしれませんが、酵素ドリンク・ファスティングドリンクの料金的にはこれくらいです。やや高めくらいですね。

 

ただ、ダーククレンズはキャンペーンを使うと相当安くなります。

ダーククレンズのキャンペーンでは、初回が定価から95%OFFの1本432円(税込)の2本セットです。

2本セットで864円(税込)です。

95%OFFなので激安です。これがダーククレンズを最安値で買う方法です。

ダーククレンズの料金

 

ただし、95%も安いので当然裏があります。

このキャンペーンは3回目まで継続が条件の定期コースです。

ただ、2回目以降も安くなります。

 

2回目・3回目は定価から37%OFFの10,206円(税込)です。これは2本セットの料金です。

さらに4回目以降は42%OFFの9,396円(税込)です。これも2本セットの料金です。

 

3回目までは継続必須のコースですので、3回目までの総額は21,276円(税込)です。

6本21,276円なので、相当安いです。

6本もいらない!という人もいるかもしれませんが、1本飲んだら劇的に痩せますみたいなものではなく、ファスティングや置き換えダイエットを継続することで効果が出ます。

その為、お試しで3ヶ月6本というのは効果を確認する上で最低限必要という量です。

 

これに対してコンブチャクレンズの料金ですが、基本的な料金形態はダーククレンズと同じです。

ただ、少しだけコンブチャクレンズの方が料金がほんの少し高いです。

コンブチャクレンズの定価は11,880円(税込)なので、実は定価はコンブチャクレンズの方が安いです。

初回が1本700円(税込)で、2本セットで1,400円(税込)です。

2回目・3回目は2本セットで10,098円(税込)で、4回目以降は9,504円(税込)です。

 

そしてこのキャンペーンの条件はダーククレンズと同じく3回目まで継続が必須です。

3回目までの総額は21,596円(税込)で合計6本です。

 

ダーククレンズとコンブチャクレンズの料金を改めて比較するとこちらです。

 

初回料金

ダーククレンズ 864円(税込)

コンブチャクレンズ 1,400円(税込)

 

2回目・3回目料金

ダーククレンズ 10,206円(税込)

コンブチャクレンズ 10,098円(税込)

 

4回目以降料金

ダーククレンズ 9,396円(税込)

コンブチャクレンズ 9,504円(税込)

 

3回目(継続必須最低ライン)までの総額

ダーククレンズ 21,276円(税込)

コンブチャクレンズ 21,596円(税込)

 

定価

ダーククレンズ 16,200円(税込)

コンブチャクレンズ 11,880円(税込)

 

果たして定価とは一体なんのか?という感じですが(笑)、料金を比較すると微妙にダーククレンズの方が安いという結果になりました。

定価はダーククレンズの方が高いですが、継続していればこの料金は変わりません。

 

「いまいち違いが分からないので安い方にする」という人には、わずかな差ですがダーククレンズをお勧めします。

そもそも定価が高いのはダーククレンズなのに、安いのはダーククレンズという謎の現象です。

 

ダーククレンズのキャンペーンはこちらの公式サイトで申し込めば適用されます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

DARK CLEANSE(ダーククレンズ)

 

ダーククレンズとコンブチャクレンズの効果の違い

続いてダーククレンズとコンブチャクレンズの効果の違いです。

効果についても狙っている効果はそこまで変わりません。

ファスティング・置き換えダイエットをして摂取カロリーの減少、腸内環境の改善を狙います。

 

摂取カロリーを制限して、胃腸の疲れをとり、腸内環境を整えるので、ダイエットにもなるし健康にもいいです。

肌つやもよくなるし便通も良くなります。

そうなると頭もスッキリするし、痩せるし美容にもいいので一石二鳥、三鳥という効果ですね。

 

ただし、ダーククレンズとコンブチャクレンズでは成分が全く違います。

細かな成分も違いますが、そもそもの大元の成分が全然違います。

 

ダーククレンズはチャコール(炭)です。

は?という感じですが、炭です。

あの脱臭炭とかの炭です。

そんなもん飲めるか!という感じですが、この炭が様々な成分を吸着させるということで、腸内環境の改善に注目され始めました。

そこで作られたのが、チャコール(炭)ドリンクです。

 

チャコールドリンクは製造が難しいので、どうしても料金が高くなります。

なので、ダーククレンズとコンブチャクレンズの料金を比較すると定価はダーククレンズの方が高くなります。

 

一方のコンブチャクレンズの成分は、紅茶キノコです。

昆布じゃないのか?と思われますが、紅茶キノコです。

日本原産っぽい名前ですが、実際は東モンゴルの原産です。

 

これは割とメジャーな酵素ドリンクと同じようなものです。

酵素ドリンクは酵素がたくさん入っているドリンクではなく、体内の酵素を増やすドリンクです。

体内の酵素を増やすために、野菜やキノコなどを発酵させたドリンクが酵素ドリンクです。

 

この酵素ドリンクは様々な種類のものが発売されていますが、何を主成分で発酵させたかで名前が変わってきます。

紅茶キノコを主成分とする酵素ドリンクが、コンブチャです。

 

コンブチャクレンズは、このコンブチャ(紅茶キノコ)が主成分の酵素ドリンクです。

これは炭が主成分ダーククレンズとはかなり違います。

ただ、狙っている効果は同じような効果です。

 

炭なんか飲めるか、怖い!

という人にはコンブチャクレンズの方がおすすめです。

(チャコールドリンクは安全なのでダーククレンズももちろん安全です。ただ、なんか炭とか言われるとちょっと…みたいな人にはコンブチャクレンズの方がおすすめです。)

 

コンブチャクレンズの公式サイトはこちら

KONBUCHA CLEANSE

ダーククレンズの成分

ダーククレンズとコンブチャクレンズの違いを成分で正確に見ていきましょう。

ダーククレンズの成分はこちらです。

原材料名精製はちみつ(国内製造)、ザクロ果汁、ブルーベリー果汁、ガラクトオリゴ糖液糖、イソマルトオリゴ糖液糖、植物発酵エキス、乳酸菌粉末(殺菌)、果汁エキス混合末(デキストリン、ブルーベリー果汁、ブラックカーラント果汁、レッドラズベリー果汁、アロニア果汁、リンゴンベリー果汁、アサイーエキス)、カラハリスイカ果汁、薔薇シロップ、炭混合末(赤松炭、ヤシ殻活性炭、ラフィノース、イヌリン)、金時ショウガエキス、酒粕発酵物、クコの実抽出エキス、マカ抽出物、花粉荷抽出物、焦がしはちみつ、有機モリンガ葉末、ユーカリエキス末、タンポポエキス末、マキベリー果汁、ココナッツオイル粉末、ガルシニア抽出エキス、有機ウチワサボテン果汁末、黒大豆ポリフェノール、ヒハツ抽出物、アカシア食物繊維、黒ショウガ抽出物/酸味料、安定剤(増粘多糖類)、植物炭末色素、甘味料(ステビア)、保存料(安息香酸Na)、香料、乳化剤、スピルリナ色素、木炭、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンB2、葉酸、(一部に卵・乳成分・オレンジ・カシューナッツ・キウイフルーツ・ごま・大豆・バナナ・やまいも・りんごを含む)
内容量710ml
保存方法高温多湿、直射日光を避け、涼しい所で保存してください。

参照:ダーククレンズ公式サイト

 

成分はこう見ると多過ぎで何が何だかよく分かりませんが、290種類の植物発酵エキス配合です。

 

内容量は710mlですが、1回分は30mlが目安です。

約24日分なので、1本で3週間ちょっと分ですね。少しサボれば、約1ヶ月分です。

 

炭の種類は4種類で、赤松炭、ヤシ殻活性炭、国産竹炭、紀州産備長炭です。

 

コンブチャクレンズの成分

コンブチャクレンズの成分はこちらです。

原材料名イソマルトオリゴ糖液糖、ガラクトオリゴ糖液糖、食物繊維、有機アガベシロップ、りんご酢、植物発酵エキス(りんご、オレンジ、バナナ、キウイフルーツ、ゴマ、カシューナッツ、大豆、やまいもを含む)、カムカム果汁、ココナッツウォーターパウダー、トウガラシエキス、アサイーエキス、L-シトルリン、ショウガエキス、トルラ酵母エキス、ルイボス茶エキス、パン酵母エキス、ローズヒップエキス、ハイビスカスエキス、乳酸菌末(殺菌)、植物性乳酸菌末(殺菌)、マキベリーエキス/クエン酸、香料、甘味料(ステビア)、緑茶抽出物、保存料(安息香酸Na)、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンB2、葉酸
内容量720ml
保存方法高温多湿、直射日光を避け、涼しい所で保存してください。

参照:コンブチャクレンズ公式サイト

 

コンブチャクレンズの方が成分は少ないですね。

同じく1日分30mlなので、720mlは約26日分です。

ちょっとサボって1本で1ヶ月分くらいです。

 

ダーククレンズで口コミってどう?

ダーククレンズの口コミを調べてみると、おおむねこんな感じの口コミが多いです。

 

・見た目エグイ!

・痩せた!

・痩せない!

・甘い!

 

大体これに分類できるような口コミです。

まず見た目ですが、「セレブが飲んでる美意識高い系のドリンク」と思ってみるとドン引きします。。。

炭のドリンクと聞いて見れば納得ですが、炭です。黒いです。

事前に「これは炭でできたドリンクである」と認識しておかないとビックリします。

 

で、その見た目に反して味は甘いです。

もうこれは一体何なのか?というギャップです。

ギャップを楽しむ余裕が必要です。

 

そして酵素ドリンク全般にお馴染みの「飲んだのに痩せません」という口コミです。

「酵素ドリンクは飲んだら痩せる魔法のドリンクと思ったのに飲んでも痩せませんでした。詐欺です。騙されました残念です。」

的な口コミはダーククレンズに限らずどの酵素ドリンクでもあります。

 

酵素ドリンクは飲んだら痩せるものではありません。

ファスティング(断食)をするから痩せるのであって、そのファスティングをする為のドリンクが酵素ドリンクです。

ダーククレンズもそうやって飲みます。

いつもの食事にプラスしてダーククレンズを飲んでも痩せません。

 

腸内環境が改善されて宿便が出て痩せる可能性もありますが、痩せないと思った方がいいでしょう。

朝食をダーククレンズに置き換える、ファスティングをしてファスティング中にダーククレンズを飲むなどをすれば痩せます。

 

ただし、どれくらい痩せるかは「どれくらい元が悪いか」によって変わります。

ファスティングは脂肪を取り除くダイエットというよりは、

・疲れ切った内臓を休める

・カロリー制限をする

・腸内環境を改善する

という効果を期待してやるものです。

 

元々腸内環境にあまり問題がなく、大してカロリーオーバーではなければファスティングをしても短期間で何キロも痩せることはないです。

 

「ダーククレンズを飲んで1か月で5kg痩せました!」みたいな口コミもありますが、ダーククレンズの効果が優秀だから5kgも痩せるのではなくて、元々カロリーオーバーがやばくて腸内環境も悪い人がやるとそれくらい痩せます。

 

なので、ファスティングなどを全然理解していない人の口コミが、

「これ飲んだら痩せるんでしょ?やったー!あれ全然痩せないじゃん。詐欺」

みたいな口コミになります。

 

その為、ダーククレンズでダイエットをする場合は飲み方が大事です。

ファスティングは準備期や回復期など難しいですので、まずは朝食をダーククレンズに置き換えるのがおすすめの飲み方です。

朝食じゃなくても大丈夫ですが、週末の食事を1回ずつダーククレンズに置き換えてみてください。

 

カロリーオーバーで太っている人はこれだけで痩せますし、何より感じられる効果は頭がスッキリする、肌つやが良くなるなど不調の改善です。

1日3食、外食を含めて食べていれば大体カロリーオーバーで内臓は疲れています。

内臓を休めて無理なくダイエット。そのサポートとして効果的なのがダーククレンズなどの酵素ドリンクです。

 

飲んだら痩せる魔法のドリンクではないので、そこをしっかり理解した上でお試ししてくださいね!

 

ダーククレンズの公式サイトはこちら

DARK CLEANSE(ダーククレンズ)
タイトルとURLをコピーしました